(株)クラリス 坂戸市好きな不動産屋のお役立ち日記♪

坂戸市を中心に地域の情報を更新していきたいと思います。

火災保険取り扱い 定款目的記載の注意点

こんにちは、(株)クラリスです。

 

今日は、会社設立の際に作成する定款の記載事項の失敗談を発表します。

 

不動産業を開業すると、お客様に加入いただく火災保険の取り扱いを

することになります。私も火災保険を取り扱うことはわかっていたので

定款の(目的)の欄に、火災保険代理店と記載しました。

無事に開業をして保険会社に保険取り扱いの申請をしました。

申請には、会社の謄本、印鑑証明、誓約書等沢山の書類の作成と

提出が必要になってきます。

一通り書類をそろえて申請をしたところ、保険会社から連絡があり

なんと!財務局より書類が全部戻ってきてしまいました(+_+)・・・とのこと

 

なぜ、戻ってきてしまったのか確認をしたところ

会社の謄本の目的欄に火災保険代理店と記載されているが

それでは、駄目だと!戻ってきてしまったようです。

 

火災保険の取り扱いをするためには、謄本の目的欄に

『損害保険代理業』又は『少額短期保険代理業』と記載がないと

保険の取り扱いが出来ませんとの事でした(+_+)

 

他の保険会社で試したところやはり駄目でした!

 

謄本の内容を変えるためには、定款から変えなければ行けません。

定款を変えるには、株主総会を開いてその議事録をもって

法務局に手続きをしなければなりません。

 

その手続きの際には、登録免許税という税金が30,000円かかると

言うことで又びっくり!

ただ、手続きをしないと保険の取り扱いが出来ないので

泣く泣くお手続き(-_-;)

 

私には、そんな事が過去にありました。

 

これから、保険を取り扱う不動産会社開業をお考えの方は

十分注意して下さいね

 

そんな、お恥ずかしい失敗談で御座いました!!

 

 

★坂鶴エリアの賃貸物件なら(株)クラリスまで(*^_^*)


スマホ専用サイトは(株)クラリス。スマホ版(^o^)


ツイッターでも色々つぶやいてます♪ (株)クラリス、ツイッターへ♪

 是非、フォローお願いします。